天理教人名辞典 桝井伊三郎 ますいいさぶろう

桝井伊三郎 ますいいさぶろう

嘉永3年(1850)2月12日、大和国添上郡伊豆七条村で農を営む伊三郎、きくの三男に生まれた。

幼名を嘉蔵といい、ついで伊右衛門と呼ばれ、父伊三郎が明治元年(1868)に出直したのち、伊三郎を襲名した。

19歳の時であった。

伊三郎の入信は元治元年(1864)であるがその前年、母は夫が喘息で難渋しているため、あちらこちらの神仏に願いをかけていたが、よくならなくて、困り果てていると、隣家で傘屋を営んでいる矢迫仙助から、庄屋敷の神さんに参るよう勧められた。

早速庄屋敷へ急いだ。

そして教祖(おやさま)に初めて会った。

教祖は、きくを見るなり

「待っていた、待っていた。」

と言葉をかけてくださった。

教祖の温かくやわらかな心に、きくはいっぺんに心を引かれた。

夫の病気は、ほどなく治まった。

翌元治元年、伊三郎15歳のとき、母きくが病気になった。

それ以前にも、母とともに教祖のところへ参拝していたところから、母の苦しむ姿を見るに見かね、夜の明けるのを待ちかねるようにして、教祖のもとへ願いに行った。

すると教祖は

「せっかくやけど、たすからん」

と言われた。

伊三郎は家へ帰った。

家では母が苦しそうにしている。

それを見ては母をたすけてくださいと、再び教祖のもとへお願いに行った。

すると教祖は

「気の毒やけどたすからんなあ」

と言われる。

伊三郎は家に帰った。

家では母が苦しんでいる。

それを見ては、たすけてくださいと、三たび、教祖のもとへお願いに行った。

日は暮れて夜になっていた。

すると教祖は、

「子供が親のために心を運ぶ、これが真実や、真実なら神が受け取る」

と言われた。

伊三郎は転げるようにして家に帰った。

数日後、母の病気は、すっかり直ってしまった。

桝井家では、入信の日を元治元年7月14日としている。

明治7年(1874)6月18日の夜に「神楽本勤」のとき、教祖よりのお言葉で「月よみのみこと」の座についた。

それ以後、かんろだいを囲んでの本づとめのときは、常に「月よみのみこと」の役割を受け持つことになった。

同年12月26日、教祖は初めて赤衣を召されて、みずから、「月日のやしろ」であることの理を、形で鮮明にされるが、同日、4人の人にさづけを渡された。

伊三郎は「かんろだいてをどりのさづけ」を頂いた。

この日が、身上たすけのためにさづけの理を渡された始まりとなった。

明治9年春の初め頃、伊三郎は中山秀司のお供をして、堺県庁へ出かけて、蒸風呂と宿屋業の許可をもらってきた。

この営業が始まると、伊三郎は風呂たきや宿屋の番頭もした。

来客は神様のお話を聞きに来る人が主で、朝と晩ほおかゆ、朝帰る人たちだけはご飯を食べられたという。

また、この年8月17日、大和国川東村小坂へ辻忠作仲田儀三郎などと、雨乞づとめに出張している。

さらにこの年、教祖の仲人で西尾ナラギク(桝井おさめ)と結婚した。

挙式は扇子一対をかわすという簡単なものだった。

明治16年8月15日、三島村での雨乞づとめに加わったというので、50銭の科料となった。

明治19年2月18日、教祖最後のご苦労の節で、櫟本分署で15日間拘引となったが、伊三郎も10日間拘引された。

明治20年2月18日(陰暦正月26日)午後のおっとめに、伊三郎はかぐらとてをどりをつとめた。

明治21年、天理教会所設置が東京で認可されるが、この設置とともに、天理教会本部理事を命ぜられた。

またこの年7月には伊豆七条村から引き移り、本部のうちに一戸建てを建てて住まいした。

明治35年7月の「教会取締条規」の制定によって全国を10教区に分けて取締員が任命されるが、伊三郎は第7教区(岡山、広島、鳥取、島根、山口)と第8教区(徳島、香川、愛媛、高知)を担当、同40年5月の「教会組合規程」によって、組合長となり岡山、香川、徳島の各県を担当した。

明治41年12月14日教庁録事、本部員を拝命。

明治43年7月1日出直した。61歳。