おふでさき第15号 全文

第十五号 明治十三年一月ヨリ

けふまでわなにの事でもちいくりと 
ゆハすにいたる事であれども (15-1)

もふけふわなんでもかてもゆうほどに 
をやのざんねんこれをもてくれ (15-2)

けふまてハなにをゆうてもにんけんの 
心のよふにをもていたれど (15-3)

さあいまわなにをゆうてもにんけんの 
心あるとハさらにをもうな (15-4)

とのよふな事をゆうやらしれんでな 
なにをゆうてもしよちしてくれ (15-5)

このたびハどんなためしをするやらな 
これでしいかり心さだめよ (15-6)

このはなしたれが事ともゆハんてな 
みなめゑ/\の心さだめや (15-7)

いかほどにせつない事がありてもな 
をやがふんばるしよちしていよ (15-8)

これからハをやのゆう事しいかりと 
しよちしてくれあんぢないぞや (15-9)

あすからハをやがはたらきするほとに 
どんなものでもそむきでけまい (15-10)

いまゝでも四十三ねんいせんから 
をやがあらハれはじめかけたで (15-11)

けふまてハたいてさねんもいくたびも 
ちいとしていた事であれとも (15-12)

さあけふハ月日のはらがはぢけたで 
しかゑていたる事であれとも (15-13)

いまゝでわ村やとをもてちいくりと 
まだをさまりていたるなれとも (15-14)

このたびハとのよな心いるものも 
みさだめつけてすぐにはたらく (15-15)

こらほどにさねんつもりてあるけれど 
心しだいにみなたすけるで (15-16)

いかほどにさねんつもりてあるとても 
ふんばりきりてはたらきをする (15-17)

けふの日ハなにをゆうやらしれんでな 
をやのざんねんみなあらわすで (15-18)

いまゝでわ人の心のしんちつを 
しりたるものハさらになけれど (15-19)

さあけふハどんなものてもしんちつの 
むねのうちをばたしかあらハす (15-20)

これさいかみなあらハした事ならば 
むねのそふぢがひとりでけるで (15-21)

けふからハどんなはなしをしかけても 
なにをゆうてもしよちしてくれ (15-22)

たん/\となにをゆうやらこれしれん 
とんな事てもをもわくをする (15-23)

いまゝてハ四十三ねんいせんから 
もとのとふりにしてかやすでな (15-25)

このはなしなにを月日がゆうたとて 
どんな事てもそむきなきよふ (15-26)

これからのをやのたのみハこればかり 
ほかなる事わなにもゆハんで (15-27)

この事をなにをたのむとをもうかな 
つとめ一ぢよの事ばかりやで (15-28)

このつとめこれがこのよのはぢまりや 
これさいかのた事であるなら (15-29)

さあけふハをやのゆう事なに事も 
そはの心にそむきなきよふ (15-30)

そはなるの心ちがゑばぜひがない 
そこでくど/\ゆうてをくぞや (15-31)

けふの日ハなによの事もせかいにハ 
しりたる人ハさらになけれど (15-32)

をやのめにしいかりみへてあるほどに 
とんな事やらたれもしろまい (15-33)

このよふをはじめてからにいまゝてハ 
たれてもしらぬ事ばかりやで (15-34)

その事をふしゑたいからたん/\と 
そこでとのよな事もするのや (15-35)

なにもかもとのよな事もゆてをいて 
それからをやがはたらきをする (15-36)

はたらきもとんな事やらしろまいな 
せかいちうハをやのからだや (15-37)

いまゝてのをやのざんねんしらしたさ 
そこでこのたびみなしてみせる (15-38)

とのよふな事をするやらしれんてな 
みな一れつハしよちしていよ (15-39)

このたびのさねんくときのこのはなし 
みな一れつわなんとをもてる (15-40)

このもとわ四十三ねんいせんから 
ゑらいためしがかけてあるぞや (15-41)

これさいかしいかりしよちしたならば 
とんな事をがかなわんでなし (15-42)

せかいちうをみな一れつをたすけたさ 
そこでためしがゑらい事やで (15-43)

けふまでわとのよなみちもとふりぬけ 
ぢいとしていた事であれども (15-44)

もふけふハなんでもかでもしんぢつを 
してかゝるでなしよちしていよ (15-45)

いまゝでとみちがころりとかハるでな 
みな一れつわ心さためよ (15-46)

このみちハうちもせかいもへたてない 
せかいちううのむねのそふぢや (15-47)

このよふをはじめてからにけふまでわ 
ほんしんぢつをゆうた事なし (15-48)

けふの日ハほんしんちつをゆいかける 
とふぞしいかりしよちしてくれ (15-49)

このはなし四十三ねんいせんから 
ゑらいためしがこれが一ちよ (15-50)

このためしなにの事やとをもうかな 
つとめ一ぢよせくもよふやで (15-51)

このつとめどふゆう事にをもうかな 
なりもの入て人ちうのもよふ (15-52)

このつとめどんなものでもしやんせよ 
これとめたならわがみとまるで (15-53)

このよふをはじめかけたもをなぢ事 
ないにんけんをはちめかけたで (15-54)

これさいかはじめかけたる事ならば 
とんなたすけもみなうけやうで (15-55)

この事ハしいかりしよちせんならん 
これとめたならすくにしりぞく (15-56)

いまゝてハ高山やとてけん/\と 
まゝにしていた事てあれども (15-57)

これからハいかほどたかい山でもな 
たにそこまゝにさらにてけまい (15-58)

このさきわたにそこにてハだん/\と 
をふくよふきがみゑてあるぞや (15-59)

たん/\とよふぼくにてハこのよふを 
はしめたをやがみな入こむで (15-60)

このよふをはじめたをやか入こめば 
どんな事をばするやしれんで (15-61)

とのよふな事をしたとてあんぢなよ 
なにかよろつわをやのうけやい (15-62)

この事をはやく心をしいかりと 
さためをつけてはやくかゝれよ (15-63)

けふまてハどんなみちやらたれにても 
しりたるものハさらになけれど (15-64)

もふけふハしんの心をたん/\と 
みなあらわすでしよちしていよ (15-65)

をやのめにかのふたものハにち/\に 
だん/\心いさむばかりや (15-66)

をやのめにさねんのものハなんときに 
ゆめみたよふにちるやしれんで (15-67)

このはなしとこの事ともゆハんでな 
せかいちううハみなわがこやで (15-68)

一れつのこどもハかわいばかりなり 
とこにへたてわさらになけれど (15-69)

しかときけ心ちがゑばせひがない 
そこでだん/\ていりするのや (15-70)

この事ハ高山にてもたにそこも 
ゆだんなきよに心さだめよ (15-71)

さあたのむなにをたのむとをもうかな 
はやくなりものよせてけいこふ (15-72)

これまてハとんな事てもちいくりと 
またをさまりていたるなれども (15-73)

もふけふわなんてもかでもはや/\と 
つとめせゑねばならん事やで (15-74)

いまゝてハどんな事てもたん/\と 
いろ/\たのみかけてあれとも (15-75)

なに事をたのんだとてもたれにても 
きゝわけがないをやのさんねん (15-76)

このたびのざねんくときのこのはなし 
とふぞしいかりきゝわけてくれ (15-77)

けふの日ハをやがなに事ゆうたとて 
どんな事でもそむきなきよふ (15-78)

いまゝでハどんなはなしをしたとても 
なにをゆうてもにをいはかりや (15-79)

けふの日のはなしとゆうハせへつうや 
もふそのまゝにすぐにみへるで (15-80)

このはなし四十三ねんいせんから 
むねのざんねんいまはらすてな (15-81)

それしらすうちなるものハなにもかも 
せかいなみなるよふにをもふて (15-82)

このみちハ四十三ねんいせんから 
まことなんぢうなみちをとふりた (15-83)

その事をいまゝでたれもしらいでも 
このたびこれをみなはらすでな (15-84)

このはらしどふしてはらす事ならば 
つとめ一ぢよてみなあらハすで (15-85)

このつとめをやがなに事ゆうたとて 
とんな事てもそむきなきよふ (15-86)

こればかりくれ/\たのみをくほとに 
あとでこふくハいなきよふにやで (15-87)

このたびのつとめ一ちよとめるなら 
みよだいなりとすぐにしりぞく (15-88)

このはなしなんとをもふてそはなもの 
もふひといきもまちていられん (15-89)

はや/\となりものなりとたしかけよ 
つとめはかりをせへているから (15-90)