おふでさき 第9号

第九号 七十八才老女 明治八年六月

いまゝでハなにをゆうてもにんけんの
心のよふにをもていたれど (9-1)

このたびハなにをゆうてもにんけんの
心あるとハさらにをもうな (9-2)

どのよふな事でもしかときいてくれ
にんけん心さらにまぜんで (9-3)

月日よりどのよな事もしいかりと
ゆいかけるでなこれきいてくれ (9-4)

月日よりやしろとなるを二人とも
べつまへだてゝをいてもろたら (9-5)

なにゆうもそれよりしかとうけよふて
たすけするぞやしかとみていよ (9-6)

このさきハどのよなたすけするのもな
みなうけやうのもとであるから (9-7)

どのよふな事をゆうてもけさんよふ
たしかきゝすみしよちしてくれ (9-8)

このさきハどんなむつかしやまいでも
みなうけよふてたすけするぞや (9-9)

にんけんにやまいとゆうてないけれど
このよはじまりしりたものなし (9-10)

この事をしらしたいからたん/\と
しゆりやこゑにいしやくすりを (9-11)

これからハなにかよろづをみなとくで
どんな事でもしかときくなり (9-12)

これまでもたいてはなしもといたれど
まだゆうてないしんぢつの事 (9-13)

けふからハどのよな事をゆうやらな
月日の心まことせきこみ (9-14)

にち/\になにせきこむとゆうならば
月日とびでるもよふばかりを (9-15)

このはなししいかりきいてしよちせよ
どんな事をばするやしれんで (9-16)

このさきのみちのよふだいしいかりと
きゝわけてくれ月日たのみや (9-17)

月日よりとびでた事をきいたなら
かんろふだいをばやくだすよふ (9-18)

かんろたいすへるところをしいかりと
ぢばのところを心づもりを (9-19)

これさいかたしかさだめてをいたなら
とんな事でもあふなきハない (9-20)

月日よりとびでるところ一寸はなし
高いところやとふいところい (9-21)

そのはなしきいたるならば一れつわ
なんと月日ハゑらいものやと (9-22)

せかいぢうみなたん/\とゆうてあろ
その日きたればむねかはれるで (9-23)

いまゝでハ三十八ねんいせんから
むねのさんねんまこときのどく (9-24)

このたびハどのよな事もしいかりと
みな一れつにしらす事なり (9-25)

しらするもなにしらするとをもうかな
もとなるをやをたしかしらする  (9-26)

このよふな事をゆいかけしらするも
なんの事やらたれもしろまい (9-27)

このよふを一れつなるにしんちつを
たすけたいからしらしかけるで (9-28)

いまゝでにないたすけをばするからハ
もとをしらさん事にをいてわ (9-29)

いまゝでもしらぬ事をばをしへるハ
もとなるをやふたしかしらする (9-30)

元なるのをやふたしかにしりたなら
とんな事でもみなひきうける (9-31)

このはなしたれがゆうとハをもうなよ
月日の心ばかりなるぞや (9-32)

よろづよのせかい一れつみハたせよ
やまいとゆうもいろ/\にある (9-33)

このたびハどんなむつかしやまいでも
うけよてたすけかでんをしゑる (9-34)

これからハたしかにやくみゆてきかす
なにをゆうてもしよちしてくれ (9-35)

このたびのなやむところハつらかろふ
あとのところのたのしみをみよ (9-36)

さきよりにせへいゝばいにことハりが
ゆうてあるぞやしやんしてみよ (9-37)

どのよふな事をするにもさきいより
ことわりたゆへかゝるしことや (9-38)

このはなしどふゆう事にをもうかな
月日ぢうよふしらしたいゆゑ (9-39)

しんぢつにこの一ぢよふはや/\と
月日の心せへていれども (9-40)

そばなるにいかほど月日たのんでも
きゝわけがないなんとさんねん (9-41)

どのよふな事をゆうてもいまの事
なにをゆうとハさらにをもうな (9-42)

だん/\となにのはなしをするにもな
さきなる事をばかりゆてをく (9-43)

これからハなにのはなしをするならば
かんろふだいのはなし一ぢよ (9-44)

いまなるのかんろふだいとゆうのハな
一寸のしながたまでの事やで (9-45)

これからハだん/\しかとゆてきかす
かんろふだいのもよふばかりを (9-46)

このだいをすこしほりこみさしハたし
三尺にして六かくにせよ (9-47)

いまゝでにいろ/\はなしといたるハ
このだいすへるもよふばかりで (9-48)

これさいかしいかりすへてをいたなら
なにもこわみもあふなきもない (9-49)

月日よりさしずばかりでした事を
これとめたならハがみとまるで (9-50)

これをみてまことしんぢつけへこふと
これハ月日のをしゑなるかよ (9-51)

このだいがでけたちしだいつとめする
どんな事でもかなハんでなし (9-52)

このだいもいつどふせへとゆハんでな
でけたちたならつとめするぞや (9-53)

これさいかつとめにかゝりでたならば
なにかなハんとゆうでないぞや (9-54)

これをみよたしかに月日ぢきもつの
あたゑしいかりたしかわたする (9-55)

とのよふな事でもたしかしんちつの
しよこなけねばあやうきい事 (9-56)

これからハとのよな事もたん/\と
こまかしくとくこれそむくなよ (9-57)

このはなしなにをゆうやとをもうなよ
かんろふだいのもよふ一ぢよ (9-58)

このだいもたん/\/\とつみあけて
またそのゆへハ二尺四すんに (9-59)

そのうゑゝひらばちのせてをいたなら
それよりたしかぢきもつをやろ (9-60)

ぢきもつをたれにあたへる事ならば
このよはじめたをやにわたする (9-61)

天よりにあたへをもらうそのをやの
心をたれかしりたものなし (9-62)

月日よりたしかに心みさだめて
それよりハたすぢきもつの事 (9-63)

月日にハこれをハたしてをいたならあとハをやより心したいに (9-64)