おふでさき 第10号

第拾号 七十八才老女 明治八年六月

しんぢつの心月日がみさだめて
天よりわたすあたゑなるのわ (10-1)

一寸したる事とハさらにをもうなよ
天よりふかいをもハくがある (10-2)

このはなしどふゆう事であろふなら
からてんぢくも心すまして (10-3)

この心どふしてすます事ならば
月日とびでゝあゝちこゝちと (10-4)

たん/\と月日たいない入こんで
ぢうよぢざいをしてかゝるでな (10-5)

したるならなんぼからやとゆうたとて
にほんのものにこれハかなわん (10-6)

にち/\にみへるところでとくしんせ
なんどきどんなはなしきくやら (10-7)

どのよふなはなしきいてもさきいより
これわ月日のはなしなるのや (10-8)

これからハにほんのものハたん/\と
月日ひきたてこれをみていよ (10-9)

なにもかもどのよな事もみなをしへ
しらん事をハないよふにする (10-10)

にほんにハはしらをたてた事ならば
やまずしなすによハりなきよに (10-11)

いまゝでハからやとゆうてはびかりて
まゝにしていたこんどかやしを (10-12)

このはなしたれにどふせとゆうでなし
月日とびでゝまゝにするなり (10-13)

これまでも月日をしらんものハない
なれとほんもとしりたものなし (10-14)

このたびハどのよな事もしんぢつを
ゆうてきかしてたすけいそぐで (10-15)

このひがらいつころなるとゆうならば
たあのしゆりをしまいしだいに (10-16)

それからハなにかめづらしみちになる
つとめのにんぢうみなよりてくる (10-17)

たん/\とにち/\心いさむでな
なんとやまとハゑらいほふねん (10-18)

にち/\にはやくつとめをせきこめよ
いかなるなんもみなのがれるで (10-19)

とのよふなむつかしくなるやまいでも
つとめ一ぢよてみなたすかるで (10-20)

つとめでもどふゆうつとめするならば
かんろふだいのつとめいちゞよ (10-21)

このたいをどふゆう事にをもうかな
これにいほんのをやであるぞや (10-22)

これさいかまことしんぢつをもうなら
月日みハけてみなひきうける (10-23)

月日よりひきうけするとゆうからわ
せんに一つもちがう事なし (10-24)

このはなしどふゆう事にきいている
かんろふだいのつとめなるのわ (10-25)

一寸したるつとめなるとハをもうなよ
三十六人にんがほしいで (10-26)

そのうちになりものいれて十九人
かぐらづとめの人ぢうほしいで (10-27)

しんぢつに心さだめてしやんせよ
とりつぎの人しかとたのむで (10-28)

このだいをこしらゑよとてたん/\に
月日人ぢうのもよふするなり (10-29)

人ぢうがしかとよりたる事ならば
そのまゝだいもでける事やで (10-30)

このみちハどふゆう事であるならば
月日つとめのてゑをふしへて (10-31)

それよりも月日一れつせかゑぢう
つれてゞたならひとりでけるで (10-32)

これさいかたしかにでけた事ならば
月〃つとめちがう事なし (10-33)

つとめさいちがハんよふになあたなら
天のあたゑもちがう事なし (10-34)

このみちハまことしんぢつむつかしい
みちであるぞやみなしやんせよ (10-35)

この人ぢうどこにあるやらしろまいな
月日みわけてみなひきよせる (10-36)

どのよふなところのものとゆうたとて
月日ぢうよふしてみせるでな (10-37)

だん/\と人ぢうそろふたそのゆへで
しんぢつをみてやくわりをする (10-38)

やくハりもどふゆう事であるならば
かぐら十人あといなりもの (10-39)

これさいかはやくしいかりそろたなら
どんな事でもでけん事なし (10-40)

けふからハだん/\もんくかハるでな
いまゝでしらん事ばかりゆう (10-41)

いまゝでもどのよなみちもあるけれど
月日をしへん事わないぞや (10-42)

月日よりたいてへなにもだん/\と
をしゑてきたる事であれども (10-43)

このたびハまたそのゆへのしらん事
なにもしんぢつみなゆてきかす (10-44)

これまでハからやとゆうてはびかりた
これも月日がをしへきたるで (10-45)

このたびハ月日元ゑとたちかいり
木のねしいかりみなあらハすで (10-46)

このよふの元をしいかりしりたもの
どこのものでもさらにあるまい (10-47)

しんぢつにこの元さいかしいかりと
しりたるならばどこいいたとて (10-48)

このはなしなんとをもふてきいている
これとりつぎにしこみたいのや (10-49)

どのよふな事を月日のをもうにハ
にんけんもとをこれせかゑぢうへ (10-50)

はや/\とこのしんちつを一れつに
しらしたるならはなしハかるで (10-51)

いかほどにはなしをといてきかしても
もとをしらしてをかん事にハ (10-52)

もとさいかしいかりゆうてをいたなら
なにをゆうてもみなきゝハける (10-53)

このよふのぢいと天とハぢつのをや
それよりでけたにんけんである (10-54)

これからハからもにほんもしらん事
ばかりゆうぞやしかときくなり (10-55)

どのよふな事もしらんとゆハんよふ
みな一れつにしこみたいから (10-56)

にち/\に月日の心をもうにわ
をゝくの人のむねのうちをば (10-57)

この心どふしたならばわかるやら
どふどはやくにこれをわけたい (10-58)

せかいぢうしんぢつよりもむねのうち
わかりたならば月日たのしみ (10-59)

それからハ一れつなるのむねのうち
わかりたならば月日それより (10-60)

だん/\とにち/\心いさめかけ
よふきづくめをみなにをしへて (10-61)

せかいぢうをふくの人のむねのうち
みなすましたる事であるなら (10-62)

それよりも月日の心いさみでゝ
どんな事でもみなをしゑるで (10-63)

とのよふな事でも月日しんぢつに
みな一れつにをしゑたいのや (10-64)

しんぢつの心がほしい月日にわ
どんな事でもしこみたいから (10-65)

このはなしなにをしこむとをもうかな
これからさきのよろづみちすじ (10-66)

けふまてハなによの事もみへねども
ひがちかづけばひとりみへるで (10-67)

とのよふな事もやまいとをもうなよ
なにかよろづハ月日ていりや (10-68)

月日よりにち/\心せきこんで
どんなもよふをするやしれんで (10-69)

せきこみもなにの事やらしろまいな
かんろふだいのもよふばかりを (10-70)

にち/\にみのうちさハりついたなら
これハ月日のていりなるかよ (10-71)

だん/\とみすますところせかいぢう
きのどくなからもんくかへたい (10-72)

しやんせよくちでなに事ゆうたとて
たしかなしよこなくばいかんで (10-73)

月日よりたいないよりも入こんで
ぢうよぢざいのさしずしよこや (10-74)

それゆへにいまゝでどこにない事を
ばかりゆううてはじめかけるで (10-75)

いまゝでもない事ばかりゆうのもな
これも月日のみなをしへやで (10-76)

このたびのかんろふたいとゆうのもな
これもいまゝでしらん事やで (10-77)

どのよふな事をゆうのもみな月日
しらん事をばをしゑたいから (10-78)

このやしきかんろふだいをすへるのハ
にんけんはじめかけたしよこふ (10-79)

なに事もみなこのとふりはちめかけ
せかいぢううの心すまする (10-80)

にち/\になんでもせかい一れつを
いさめるもよふばかりするぞや (10-81)

だん/\とせかいの心いさむなら
りうけもろともみないさみでる (10-82)

この心どふしていさむ事ならば
月日にんそくつれてゞるぞや (10-83)

それまでにあゝちこふちとどのよふな
はなしだん/\みなきくであろ (10-84)

どのよふなはなしきくのもみなさきい
ゆうてあるぞやしやんしてみよ (10-85)

月日にハなにをだん/\ゆハれると
をもうてあろをさきのたのしみ (10-86)

なに事も月日の心をもうにわ
にほんにこふきほしい事から (10-87)

にほんにもこふきをたしかこしらへて
それひろめたらからハまゝなり (10-88)

このはなしなんとをもふてみなのもの
にほんのものハみなわが事や (10-89)

それしらずなんとをもふて上たるハ
むねがわからん月日さんねん (10-90)

このところどのよなこふきしたるとも
これハにほんのたからなるぞや (10-91)

一れつの心さだめてしやんせよ
はやくこふきをまつよふにせよ (10-92)

しんぢつのこふきがでけた事ならば
どんな事でも月日ひろめる (10-93)

月日よりひろめをするとゆうたとて
みなの心ハしよちでけまい (10-94)

それゆへにとりつきよりにしいかりと
たのみをくからしよちしていよ (10-95)

このひがらこくけんきたる事ならば
なんどき月日どこいゝくやら (10-96)

にち/\にとりつぎの人しいかりと
心しづめてはやくかゝれよ (10-97)

このみちハどふゆう事にみなのもの
をもているやら一寸にわからん (10-98)

月日にハなんでもかでもしんぢつを
心しいかりとふりぬけるで (10-99)

このみちを上ゑぬけたる事ならば
ぢうよぢざいのはたらきをする (10-100)

月日よりこのはたらきをしかけたら
いかなこふてきたるとゆうても (10-101)

心よりしんぢつハかりすみきりて
とんな事でもをやにもたれる (10-102)

このさきハせかへぢううハどこまでも
よふきづくめにみなしてかゝる (10-103)

たん/\とこのみちすじのよふたいハみなハが事とをもてしやんせ (10-104)