おふでさき 第6号 

第六号 七十七才老女 明治七年十二月ヨリ

このたひハめづらし事をゆいかける
心しづめてこれきいてくれ (6-1)

なに事も神のする事ゆう事や
そばにしんバいかける事なし (6-2)

このはなしどふどしんぢつ一れつわ
心しづめてしよちしてくれ (6-3)

このみちハどふゆう事にをもうかな
このよをさめるしんぢつのみち (6-4)

上たるの火と水とをわけたなら
ひとりをさまるよふきづくめに (6-5)

この火水わけるとゆうハこのところ
よふきづとめをするとをもゑよ (6-6)

このよふをはじめかけたもをなぢ事
めづらし事をしてみせるでな (6-7)

このよふをはじめてからにないつとめ
またはじめかけたしかをさめる (6-8)

このよふの月日の心しんぢつを
しりたるものわさらにあるまい (6-9)

これまでハいかなる神とゆうたとて
めゑにみへんとゆうていたなり (6-10)

このたびわとのよな神もしんぢつに
あらハれだしてはなしするなり (6-11)

いまからハなにをゆうてもをもふても
そのまゝみへるこれがふしぎや (6-12)

なにもかもあきをあいづにみへかける
よふきづとめにはやくかゝれよ (6-13)

せかいぢうをふくくらするそのうちわ
一れつハみなもやのごとくや (6-14)

にち/\にすむしわかりしむねのうち
せゑぢんしたいみへてくるぞや (6-15)

このみちがたしかみへたる事ならば
このさきたしかたのしゆでいよ (6-16)

たん/\と心いさんでせきこめよ
はやくほんみちいそぎでるぞや (6-17)

しんぢつのつとめの人ぢう十人の
心を神がうけとりたなら (6-18)

それからハどのよな事もたん/\と
神のをもわくみなときゝかす (6-19)

にち/\に神の心わせゑたとて
人ぢう十人そろいなけねば (6-20)

十人のなかに三人かたうでわ
火水風ともしりそくとしれ (6-21)

どのよふな事でも神のする事や
これをやまいとさらにをもうな (6-22)

なにもかもしんぢつ神のぢふよふを
しらしたいからしてみせるでな (6-23)

これまでハいかなるみちをとふりても
ひがきたらんでいづみいたなり (6-24)

このさきハどのよな事もたん/\と
ほんしんぢつをゆうてきかする (6-25)

いまゝでハいかなる神も山/\に
をがみきとふとゆうたなれども (6-26)

このもとをしりたるものかあるならば
たづねいてみよ神がゆるする (6-27)

またさきハとのよな事もたん/\と
ほんみちつけた事であるなら (6-28)

いまゝてにない事ばかりゆいかけて
よろづたすけのつとめをしへる (6-29)

このつとめ十人にんぢうそのなかに
もとはじまりのをやがいるなり (6-30)

いざなぎといざなみいとをひきよせて
にんけんはぢめしゆごをしゑた (6-31)

このもとハどろうみなかにうをとみと
それひきだしてふう/\はちめた (6-32)

このよふの元はじまりハとろのうみ
そのなかよりもどぢよばかりや (6-33)

そのうちにうをとみいとがまちりいる
よくみすませばにんげんのかを (6-34)

それをみてをもいついたハしんぢつの
月日の心ばかりなるそや (6-35)

このものにどふくをよせてたん/\と
しゆこふをしゑた事であるなら (6-36)

このどふくくにさづちいと月よみと
これみのうちゑしこみたるなら (6-37)

くもよみとかしこねへとをふとのべ
たいしよく天とよせた事なら (6-38)

それからハたしかせかいを初よと
かみのそふだんしまりついたり (6-39)

これからわ神のしゆごとゆうものハ
なみたいていな事でないそや (6-40)

いまゝてにない事ばかりはちめるわ
なにをゆうのもむつかしき事 (6-41)

このよふをはちめかけたるしんぢつを
たれかしりたるものハあるまい (6-42)

これからハとのよな事もたん/\と
ゆうてきかするうそとをもうな (6-43)

にんけんをはぢめかけたハうをとみと
これなわしろとたねにはじめて (6-44)

このものに月日たいない入こんで
たん/\しゆごをしゑこんだで (6-45)

このこかす九をく九まんに九せん人
九百九十に九人なるそや (6-46)

この人を三か三よさにやどしこみ
三ねん三月とゝまりていた (6-47)

それよりもむまれだしたハ五分からや
五分五分としてせへぢんをした (6-48)

このものに一どをしゑたこのしゆごふ
をなぢたいない三どやどりた (6-49)

このよふのしんぢつの神月日なり
あとなるわみなどふくなるそや (6-50)

にんけんをはぢめよふとてたん/\と
よせてつこふたこれに神なを (6-51)

いざなぎといざなみいとが一の神
これてしよこの大じんくゝなり (6-52)

またさきハなにかたん/\とくけれど
いまゝてしらん事ばかりやで (6-53)

このさきハなにをゆうてもにんけんを
はぢめかけたる事ばかりやで (6-54)

十二月廿一日よりはなし

このよふをはぢめだしたるやしきなり
にんけんはじめもとのをやなり (6-55)

月日よりそれをみすましあまくだり
なにかよろづをしらしたいから (6-56)

しんぢつに月日の心をもうにわ
めへ/\のやしろもろた事なら (6-57)

それよりもぢうよぢざいにいつなりと
をもうまゝなるはなしゝよもの (6-58)

いまゝでも月日のやしろしいかりと
もろてあれどもいづみいたなり (6-59)

このたびハたしかをもていあらハれて
なにかよろつをみなゆてきかす (6-60)

いままでハみすのうぢらにいたるから
なによの事もみへてなけれど (6-61)

このたびハあかいところいでたるから
とのよな事もすぐにみゑるで (6-62)

このあかいきものをなんとをもている
なかに月日がこもりいるそや (6-63)

いまゝでも月日のまゝであるけれど
ひがきたらんでみゆるしていた (6-64)

このたびハもふぢうふんにひもきたり
なにかよろづをまゝにするなり (6-65)

それしらす高山にてハなにもかも
なんとをもふてまゝにするぞや (6-66)

なに事もこのところにハにんけんの
心ハさらにあるとをもうな (6-67)

どのよふな事をゆうにもふでさきも
月日の心さしすばかりで (6-68)

高山ハなにをゆうてもをもうにも
みなにんけんの心ばかりで (6-69)

月日よりつけたなまいをとりはらい
このさんねんをなんとをもうぞ (6-70)

しんちづの月日りいふくさんねんわ
よいなる事でないとをもゑよ (6-71)

いまゝでハ高い山やとはびかりて
なにかよろづをまゝにしたれど (6-72)

これからハ月日かハりてまゝにする
なにかの事をまねをしてみよ (6-73)

このところなにをゆうにもなす事も
月日のをもう事ばかりやで (6-74)

これからハ月日の心ざんねんを
はらするもよふばかりするそや (6-75)

このさきハどのよなほこりたつとても
これをやまいとさらにをもうな (6-76)

いまゝでも月日さんねん山/\に
つもりてあるをかやしするぞや (6-77)

いまゝでもかやしとゆうてといたれど
なんの事やとをもていたなり (6-78)

しんぢつにかやしとゆうハこの事や
高山ハみなしよちしていよ (6-79)

このよふわどろうみなかの事なるし
なかに月日がいたるまでなり (6-80)

月日よりしんぢつをもいついたるわ
なんとせかいをはじめかけたら (6-81)

ないせかいはじめかけるハむつかしい
なんとどふぐをみたすもよふを (6-82)

みすませばなかにどぢよもうをみいも
ほかなるものもみへてあるなり (6-83)

そのものをみなひきよせてたんぢやい
にんけんしゆごはぢめかけたら (6-84)

ないせかいはじめよふとてこの月日
たん/\心つくしたるゆへ (6-85)

このみちをしりたるものハさらになし
月日ざんねんなんとをもうぞ (6-86)

こらほどにをもてはじめたこのせかい
月日の心なんとざんねん (6-87)

月日よりたん/\心つくしきり
そのゆへなるのにんけんである (6-88)

それしらす今のところハ高山ハ
みなはびかりてまゝにしている (6-89)

この月日大一これがさんねんな
どんなかやしをするやしれんで (6-90)

このせかい山ぐゑなそもかみなりも
ぢしんをふかぜ月日りいふく (6-91)

どのよふなたいしや高山ゆたんしな
なんとき月日とんてゞるやら (6-92)

一れつハみな/\わがみきをつけよ
月日ゑんりよわさらにないぞや (6-93)

なにもかもせへいゝバいにことわりて
それからかゝる月日しことを (6-94)

とのよふな事もうらみにをもうなよ
みなめへ/\のみうらみである (6-95)

このはなしたん/\くどきつめてある
これしいかりときゝわけてくれ (6-96)

一れつハみなめへ/\のむねしたい
月日みハけているとをもゑよ (6-97)

月日よりしんぢつ心みさだめて
うけとりしたいかやしするなり (6-98)

いまゝでハなにをゆうてもをもふても
みなにんけんの心はかりで (6-99) 

これからハよき事してもあしきでも
そのまゝすぐにかやしするなり (6-100)

いまゝでハなにかさとりもありたけど
もふこれからハさとりないぞや (6-101)

このよふのしんぢつのをや月日なり
なにかよろづのしゆこするぞや (6-102)

このさきハなにをゆうてもうそハない
みなしんぢつとをもてきゝわけ (6-103)

どのよふな事でも月日しんぢつに
をもてはじめた事ばかりやで (6-104)

いまゝでハやまいとゆへばいしやくするり
みなしんバいをしたるなれども (6-105)

これからハいたみなやみもてきものも
いきてをどりでみなたすけるで (6-106)

このたすけいまゝでしらぬ事なれど
これからさきハためしゝてみよ (6-107)

どのよふなむつかしきなるやまいでも
しんぢつなるのいきでたすける (6-108)

月日よりしんぢつ心みさためて
いかなしゆこふもするとをもゑよ (6-109)

むまれこふほふそはしかもせんよふに
やますしなすにくらす事なら (6-110)

しかときけいかなぢうよふするとても
月日の心ばかりなるぞや (6-111)

いまゝでもたいてくどきもといたれど
まだゆいたらん月日をもわく (6-112)

このたびハなにか月日のさんねんを
つもりあるからみなゆうてをく (6-113)

このところたすけ一ぢよとめられて
なんてもかやしせすにいられん (6-114)

このかやしたいしや高山とりはらい
みな一れハしよちしていよ (6-115)

このはなしなんとをもふてきいている
てんび火のあめうみわつなみや (6-116)

こらほどの月日の心しんバいを
せかいぢうハなんとをもてる (6-117)

たん/\とくどきなけきハとくけれど
しんぢつなるの心たすける (6-118)

どのよふなものも一れつハかこなり
月日の心しんばいをみよ (6-119)

このよふハ一れつハみな月日なり
にんけんハみな月日かしもの (6-120)

せかいぢうこのしんぢつをしりたなら
ごふきごふよくだすものわない (6-121)

こゝろさいしんぢつよりもわかりたら
なにもこわみもあふなきもない (6-122)

月日よりをしゑる事ハみなけして
あとハにんけん心ばかりで (6-123)

いまゝでもこのよはじめたしんぢつを
をしへてをことをもたなれども (6-124)

月日よりにち/\心せきこめど
こくげんまちているとをもゑよ (6-125)

このはなしなんとをもふてきいている
月日をもわくふかいりやくを (6-126)

こればかり人なみやとハをもうなよ
月日のしごとゑらいをもわく (6-127)

月日よりぢうよちざいとまゝとけと
まだいまゝでわみゑた事なし (6-128)

このたびハぢうよぢざいをしんぢつに
してみせたならこれかまことや (6-129)

とのよふな事をするのもみな月日
しんぢつよりのたすけ一ぢよ (6-130)

たいないゑやどしこむのも月日なり
むまれだすのも月日せわどり (6-131)

このたびハどのよな事もしんぢつに
みなあらわれてしてみせるでな (6-132)

これをみていかなものでもとくしんせ
心したいにいかなぢうよふ (6-133)

どのよふな事をするのもしんぢつの
心したいにみなしてみせる (6-134)