正しいコツを知る!目標達成できる人とできない人の違いを徹底解説!

すぐに行動すること!

まず、目標を達成するために大切なことは、とにかく「すぐに行動する」ということです。

実は、取り掛かりが遅いというだけで、目標達成することはできないのです。

なぜなら、すぐに行動するという人は、逆に考えると、すぐに取り掛かるので、他の人よりもたくさん失敗している人と捉えることができます。

そして、失敗の数が多いということは、その分、多くのことを学んでいるということなのです。

目標を達成できない人の特徴として、計画を綿密に立てたり、行動する前の下準備に沢山の時間をかける人がいます。

ですが、その人が計画や準備をしている間に、「すぐに行動する人」に追い越されてしまうのです。

特に、ビジネスの世界などでは、このような「スピード感」がとても大切になってきます。

すぐに行動するという人は、もちろん沢山の失敗もします。

しかし、成功するためには、それだけ多くの失敗をすることも重要になってくるのです。

目標達成するためには、思い起ったらすぐに行動して、早いうちに失敗を経験したほうが良いのです。

もちろん、すぐに行動すると言っても、何も考えずに行動すればいい訳ではありません。

すぐに行動し、更に、行動しながら次の一手を同時に考えることも大切です。

実際、目標達成への道のりは、きれいな一本道ということはありえません。

その道を左右にぶつかりながら、その都度、軌道修正を加えて進んでいくことが大切です。

人は失敗することで成長できる!

例えば、僕もよく失敗することがあるのですが、失敗した後に、

「○○しておけば良かったんだなぁ、、、」とか

「もうちょっと、言い方を変えれば良かったんだなぁ、、、」とか

反省すると思います。

その反省を、次の機会に活かすことができれば、人間はほんの少しずつではありますが、成長することができるのです。

要するに、「人は失敗をすることで成長できる」ので、たくさん失敗をして、その都度反省することが大切で、更に、次に活かすことで、ちょっとずつ本当の成長ができるのです。

目標達成できない人の特徴

先ほども述べましたが、目標達成するためには、とにかくスピード感が大切なのです。

すぐに行動した方が、あらゆる事においても、有利だと言えますし、目標達成に近づきやすくなります。

それを踏まえた上で、目標を達成できない人というのは、共通点があることに気づきます。

目標を達成できない人の特徴をおおまかにまとめるとこんな感じです。

  • 目標達成のために勉強をしていない
  • 勉強をしていても、行動していない
  • 勉強はしているが、勉強方法が間違っている
  • 勉強も行動もしているが、行動が間違っている

大前提に、最初の2つに関しては、目標達成のために勉強・行動もしていないということなので、そもそも、目標達成する気がないといことになります。

ここで、注目したいのは、最後の2つです。

目標を達成するための勉強の方法と行動の仕方が間違っているというパターン。

これだけが、非常にやっかいな失敗です。

僕自身も、このブログ運用にしても、大きく遠回りをしました。

どうして、このような失敗に陥りやすいかというと、行動している本人が、目標達成のための方法論が間違っているということに気づきにくいからなんです。

そのため、間違った方法論で、ひたすら努力を続けるのですが、それではいつまで経っても結果が実りません。

目標を達成するためには、「正しい方法」「最適な方法」というのが実際に存在するのです。

たしかに、人より早く行動に移すことにより、早いうちに失敗を経験知り、学ぶことができますが、出来れば、失敗の数を減らしたいというのは、誰もが思うことです。

しかし、ちゃんと無駄な失敗を経験せず、早く目標達成する方法があるので紹介していきたいと思います。

正しい努力のコツ

無駄な経験をせず、早く目標を達成するといのは、言い換えれば、正しい努力のコツを知るということです。

そして、その正しい努力のコツの中で、最も効果的なことは、「師匠を作ること」です。

しかし、一概に師匠が居たからといって、正しい努力ができるとは限りません。

なぜなら、人間がそれぞれに持っている「固定概念」があるからです。

特に、学生時代や部活などで、人一倍努力した人や、若い頃から自分で試行錯誤して、色んなことを目標達成してきたタイプの人は、人の言う事を聞かない傾向があるのです。

僕自身も、ブログで成功している先輩が居て、初心者ブロガーの僕に対して、色んなアドバイスをしてくれましたが、その度に、

「もっと、こうしたほうが上手くいくでしょ!」とか

「この人はたまたま上手くいった人なんだ!」と思って、素直に受け止めることができなかったのです。

なぜ、僕のように師匠がいても、素直に受け止めることが出来なかったかというと、師匠の言っている意味がイマイチ分からなかったのです。

しかし、数か月後には、その意味が分かるようになったことが何度もあったんですね。

確かに、冷静に考えてみると、自分の師匠になるような人というのは、自分よりも経験があり、何倍もそのジャンルのことに対して知識が豊富な人なのです。

たとえ、師匠の言っている意味が分からなくて、理不尽なことでも、師匠が実績のある成功者」であれば、その師匠が言ってることが正しいのです。

ですから、師匠の言ってることの意味が分からなくても、素直にいうことを聞いた方が良いんですね。

1日1日の積み重ねが大切

先ほど、目標達成できない人の特徴として、そもそも勉強・行動をしない人を紹介しました。

今の現状で、お金に苦労したり、自由な時間を得られず人生を不自由に生きていたりしている人は、とにかく勉強をしないです。

暇な時間は、スマホゲームをしたり、テレビを見たりして、本当にもったいない時間の過ごし方をしていると思います。

人生は一度きりで、誰でも「死」に向かって、確実に時間を使っているわけです。

僕からすれば、そんな貴重な時間を、ただ暇で潰すだけの生き方など考えれません。

なぜなら、その人たちが時間を無駄に潰している間も、周りには、常に勉強し、行動し続ける人も居て、1日1日、少しずつではありますが、その人たちと確実に差が開いていくのです。

「目標を達成したい!」と本気で願って努力する人は、1日の時間の使い方が違います。

ただ、この長い記事を読めるような方は、大丈夫だと思います。

なぜなら、このようなマインドを少しでも勉強したいと思っている方々だと思いますし、このブログだけではなく、様々なサイトを見てたり、本を読んだりしていることだと思います。

つまり、ここまで読んで下さるような人は、「目標達成のための勉強をする」ということは、既にクリアできているのではないでしょうか?

失敗をする自分を肯定する人

最近、僕がよく感じることは、かなりの高学歴な頭の良い人でも、「不自由そうに生きている人が多いなぁ」ということです。

そういった人達の共通点としては、自分ができないことに焦点をあてて、「自分がダメだ、、、」という理由を、物凄く理論的に正統論っぽく語るんです。

これは間違った思考法ではないかと、僕は考えます。

なぜなら、自分が目標達成できない方法論に、全力で思考を巡らせているからです。

僕から見れば、そこまで賢く考えれる思考力があるなら、なぜ、目標達成ができる方向へと考えないのか?不思議でしかたありません。

常に目標達成を考える

目標を達成したくないなら、最初から目標など持たず、ただ人生を楽しく生きればいいわけです。

でも、仮に、達成したい目標があるなら、「失敗する方法論」などを考えず、あくまでも「目標を達成するための方法論」だけを考えれば良いのです。

なので、「失敗したらどうしよう、、、」なんていう、余計なことは一切考えなくて良いのです。

昔から「プラス思考で楽観的な人が成功する」と言います。

このような人たちは、目標を達成できなかった時のことなんかは、最初から考えていない人達なのです。

まとめ

  • 間髪いれずに「すぐに行動すること」
  • 意味のある失敗をたくさんすること
  • 正しい努力の仕方を知ること
  • 師匠を作り、素直に教えを学ぶこと
  • 1日1日の積み重ねを大切にすること
  • 失敗した時のことを考えないこと
  • 常に目標達成のことを考えること