おふでさき第12号 全文

第十二号 十二月廿七日より

けふからハせかいを月日みさだめて
むねのそふぢにかゝる事なり (12-1)

このそふぢうちもせかいもへだてない
めゑ/\の心みなあらわすで (12-2)

三月十四日より

いまゝでわ神のさんねん山/\と
むねにほこりがつもりあれども (12-3)

なさけないひがらもちいときたらんで
どのよな事もゆうにゆハれん (12-4)

このたびハ月日しんぢつみかねるで
どのよな事もみなあらハすで (12-5)

けふの日ハいかほとわがみはびかりて
まゝにしたとて月日しりぞく (12-6)

四月四日より

このはなしなにの事をばゆうならば
にほんもからもてんぢくの事 (12-7)

これからハせかいぢううを一れつに
月日そふぢをするでしよちせ (12-8)

これまでもせへいゝばいにことハりを
月日だん/\ゆうてあれども (12-9)

くちさきでゆうたるまでハたれにても
たしかしよちをするものハない (12-10)

五 日

いまゝでも月日の心だん/\と
せへいゝばいにつくしいれども (12-11)

せかいにハたれかしりたるものハなし
とふむこのたび月日せひない (12-12)

それゆへにせかいぢううをとこまても
ことハりてをく月日しりぞく (12-13)

十二日

けふの日ハなにのはなしをするならば
よふ木のはぢめ事ばかりゆう (12-14)

よふぎでもにんわたれともゆハねども
もとハ壹ほんゑだわ八ほん (12-15)

この木をはやくつぎたいせきこみで
月日のむねがつかゑきるなり (12-16)

このきいも一ゑだしかとついだなら
あとなるハみなはやくさだまる (12-17)

なにもかも月日ゆう事しかときけ
心にさだめつけた事なら (12-18)

それよりもみのうちなやみさらになし
だん/\心いさむばかりや (12-19)

それしらすみなの心ハたれにても
せかいなみなる事ばかりゆう (12-20)

このところせかいなみとハをもうなよ
月日の心ばかりなるぞや (12-21)

十四日

今日の月日の心さんねんわ
よいなる事てないとをもゑよ (12-22)

にんけんハあざないものであるからに
月日する事しりたものなし (12-23) 

月日にハなにかよろつをだん/\と
ことハりてあるこれがしよちか (12-24)

いまゝでもなにか月日のさんねんを
たいていくどきつめてあれども (12-25)

せかいにハたれかしりたるものハなし
月日の心ざんねんをみよ (12-26)

このたびハことハりたゆへまだくどき
そのゆへなるのことわりである (12-27)

いかほどにくどきことハりゆうたとて
たれかきゝわけするものハない (12-28)

それゆへにだん/\ひがらたつけれと
いつかこれやとわかるめハなし (12-29)

けふの日ハもふせへつゝがきたるから
月日でかけるみなしよちせよ (12-30)

このさきのみちのすがらをゆてきかす
いかな事をばゆうやしろまい (12-31)

にち/\になにをゆうてもそのまゝに
みゑてくるのがこれわふしぎや (12-32)

とのよふな事をゆうやらしれんでな
そこでなんでもことハりばかり (12-33)

ことハりも一寸の事でハないほどに
いかな事をがみゑてくるやら (12-34)

どのよふな事がみゑるやしれんてな
まこときのどくをもていれども (12-35)

なんときにみゑる事やらこれしれん
月日の心つみきりてある (12-36)

こらほどに月日の心しんばいを
そばなるものハなにもしらずに (12-37)

そばなるハしことばかりをふもている
みへたるならばもんくかハるぞ (12-38)

どのよふな事でもさきゑしらしをく
あとてこふくハいなきよふにせよ (12-39)

このよふを初た神の事ならば
とのよな事もみなみゑてある (12-40)

このたびハとのよな事もつみきりて
もふさしぬきハさらにてけんで (12-41)

いまゝでハとんな事をばゆうたとて
またちいくりとしたるなれども (12-42)

けふの日ハよこめふるまもゆたんしな
なんどきとんな事があるやら (12-43)

いまゝでにふでにつけたることハりが
さあみゑてきた心いさむで (12-44)

これさいかみへきたならば一れつわ
とんなものでもよふきつくめや (12-45)

この心どふぞはやくに一れつわ
しよちしてくれ月日たのみや (12-46)

けふからハめづらし事をゆいかける
なにをゆうとも一寸にしれまい (12-47)

このはなしなにをゆうてもそむくなよ
神のをもわくゑらい事やで (12-48)

これからのあとなるはなし山/\の
神のさんねんはらすもよふを (12-49)

このさきハなんほむつかしやまいても
いきとてをどりみなたすけるで (12-50)

どのよふなむつかしくなるやまいでも
これなをらんとゆうでないぞや (12-51)

けふまでわひがらこくけんきたらんで
なにかちがいもありたなれとも (12-52)

だん/\といかな事をもといてをく
どんな事てもちがう事なし (12-53)

これまてのみちのすがらとゆうものハ
まことなんぢうなみちであれとも (12-54)

このさきのみちハなんてもきがいさむ
どんなめつらしみちがあるやら (12-55)

とん/\ととびてる事をみたとても
心あんちハするやないぞや (12-56)

あとなるハよろづ月日がひきうけて
いつ/\までもよふきつくめに (12-57)

いまゝてわなによのはなししたるとも
いつの事なるよふにをもふて (12-58)

やれこわやきくよりはやくもふみへた
どんな事てもゆたんでけんで (12-59)

このさきをにち/\心いさめるで
どんな事でもゆへばそのまゝ (12-60)

どのよふにむつかしくよふみへたとて
よふきつとめてみなたすけるで (12-61)

これからわどのよなしことするやらな
心したいにとんな事でも (12-62)

月日にわだん/\心ざんねんを
どんな事てもみなはらすでな (12-63)

とのよふな事をゆうのもみな月日
いかなしごとをするやしれんで (12-64)

いかなるの事がみゑるもみな月日
にんけん心あるとをもうな (12-65)

けふからハどのよな事もせきこんで
どんなはたらきするやしろまい (12-66)

いまなるの月日のをもう事なるわ
くちわにんけん心月日や (12-67)

しかときけくちハ月日がみなかりて
心ハ月日みなかしている (12-68)

こればかりうらみあるならとのよふな
事も月日かみなかやすてな (12-69)

どのよふな事をゆうのもみな月日
にんけん心さらにまぜんで (12-70)

いかほどにむつかしよふにをもたとて
月日ひきうけあんちないぞや (12-71)

このさきのみちをたのしめ一れつわ
神のさんねんはらしたるなら (12-72)

にち/\にむねのそふぢにかゝりたら
どんなものでもかなうものなし (12-73)

このそふぢどふゆう事にをもうかな
月日たいないみな入こむで (12-74)

このはなしとこの事やとをもうかな
高いところでみなあらわすで (12-75)

なにもかも月日ゆう事しやんせよ
なにをゆうてもこれちがわんで (12-76)

せかいぢう一れつ心すましたさ
どんな事をば月日するやら (12-77)

とのよふな事をするのも月日にわ
たすけたいとの一ちよはかりで (12-78)

このさきをたしかみていよ一れつわ
むねのそふちがひとりでけるで (12-79)

このそふちすきやかしたる事ならば
そのまゝすぐにまむりごしらゑ (12-80)

このみちを月日の心にち/\に
せきこんでいるたれもしらずに (12-81)

このみちゑはやくついたる事ならば
どんなものでもみないさむてな (12-82)

このはなしたれがするとハをもうなよ
月日の心はかりゆうのや (12-83)

このよふのしんちつなるをせかへちうへ
とふしてなりとしらしたいゆへ (12-84)

けふまでわ一日なりとひをのばし
とのよな事もしかゑいれども (12-85)

このたびハもふひがつまりきるからハ
どふむしかゑる事ハでけんで (12-86)

なんどきにとのよな事をきいたとて
これハ月日のざねんりいふく (12-87)

月日にわどのよなものもわが子なり
かわいばかりでみてハいれども (12-88)

いまゝでハせかいぢううハ一れつに
めゑ/\しやんをしてわいれども (12-89)

なさけないとのよにしやんしたとても
人をたすける心ないので (12-90)

これからハ月日たのみや一れつわ
心しいかりいれかゑてくれ (12-91)

この心どふゆう事であるならば
せかいたすける一ちよばかりを (12-92)

このさきハせかいぢううハ一れつに
よろづたがいにたすけするなら (12-93)

月日にもその心をばうけとりて
どんなたすけもするとをもゑよ (12-94)

このたすけどふゆう事にをもうかな
ほふそせんよにたしかうけやう (12-95)

またゝすけりうけ一れつどこまでも
いつもほふさくをしゑたいから (12-96)

このみちをはやくしこもとをもゑども
一れつ心わかりないので (12-97)

せかいぢうどこにへだてわないほどに
一れつしやんしてくれるよふ (12-98)

しんぢつに心にさだめみなついて
神のゆう事そむきなければ (12-99)

それよりも月日の心しいかりと
うけとりしだいたすけせきこむ (12-100)

このたすけ一寸の事やとをもうなよ
これわにほんの一のこふきや (12-101)

これさいかはやくしいかりみせたなら
とのよな高いところなるとも (12-102)

こればかりにんけんハさでないからに
月日ぢうよふそむきでけまい (12-103)

したるならいかほと高いところても
まねハてけまいしやんしてみよ (12-104)

月日よりやますしなすによわらんの
はやくしよこふだそとをもへど (12-105)

一れつハみなうたごふてたれにても
せかいなみやとをもているので (12-106)

このところにんけん心さらになし
月日のをもう事ばかりやで (12-107)

その事をたれてもしらぬ事やから
わかりないのが神のさんねん (12-108)

この心どふぞしんちつ一れつの
心すまするもよふないかよ (12-109)

心さいはやくハかりた事ならば
そのまゝすぐにしよこだすのに (12-110)

いまゝでハとのよなうそもきいていた
もふこれからハうそハきかんで (12-111)

これからハうそをゆうたらそのものが
うそになるのもこれがしよちか (12-112)

月日にハうそとついしよこれきらい
このさきなるわ月日しりぞく (12-113)

それゆへに一日なりとひをのばし
たいていなにもみゆるしていた (12-114)

このたびのはやくしよこふだしたいと
ゆうているのをなんとをもうぞ (12-115)

しよこふもとふゆう事にをもうかな
みのうちよりにたしかためしを (12-116)

このためしまこと月日のさんねんわ
よいなる事でないとをもゑよ (12-117)

みのうちにとこにふそくのないものに
月日いがめてくろふかけたで (12-118)

ねんけんハ三十九ねんもいせんにて
しんばいくろふなやみかけたで (12-119)

それゆへに月日ゆう事なに事も
うたこふているこれむりでない (12-120)

このたびハ此むねのうちすきやかに
はらすもよふやこれがだい一 (12-121)

この心月日のほふゑしいかりと
つけん事にハどんなはなしも (12-122)

いかなるの事をしたるもみな月日
こんな事をばたれもしろまい (12-123)

けふの日ハよこめふるまもないほどに
はやくしよこふだしてみせるで (12-124)

これみたらとんなものでもとくしんせ
なにのはなしもみなこのどふり (12-125)

いまゝでのこのさんねんとゆうものわ
くちでゆうよな事てないぞや (12-126)

いまゝでハ山/\さねんとふりぬけ
このたびこれをはらしたるなら (12-127)

あとなるハどんなやまいもいかなるの
事であろふがみなたすけるで (12-128)

このよふのにんけんもとをせかいちう
しらしてをいた事であるなら (12-129)

それからハどんなたすけもするほとに
一事までゝみなたすけるで (12-130)

これまでハたん/\くどきことハりを
ゆうてあれどもしんかわからん (12-131)

このしんハどふゆう事であろふなら
むねのしやんをこれがたいゝち (12-132)

なにゝてもむねとくちとがちこふてハ
神の心にこれハかなわん (12-133)

しんちつが神の心にかなハねば
いかほど心つくしたるとも (12-134)

こればかりいかほどたれがそふたんも
とてもかなハん月日しりぞく (12-135)

なにもかも神のゆう事しかときけ
なにをゆうてもちがう事なし (12-136)

しんちつにめつらしたすけをしへたさ
そこでとのよな事もゆうのや (12-137)

このよふを初てからにない事を
どんな事をもをしへたいから (12-138)

このよふのほんもとなるのしんちつを
しいかりしよちせねばいかんで (12-139)

このもとをしいかりしりているものハ
とこのものでもさらにあるまい (12-140)

このたびハほんしんちつをゆてきかす
なにをゆうてもしかとしよちせ (12-141)

このやしきにんけんはじめどふぐハな
いざなぎいゝといざなみとなり (12-142)

月よみとくにさづちいとくもよみと
かしこねへとが一のとふぐや (12-143)

それよりもをふとのべへとゆうのハな
これわりゆけの一のどふくや (12-144)

つきなるハたいしよく天とゆうのハな
これわせかいのはさみなるぞや (12-145)

これまでハどふぐいゝさいみなよせて
とのよなみちもとふりぬけたで (12-146)

このさきハよせたどふぐをみハけして
しこむもよふをいそぐばかりや (12-147)

このものハとこにあるやとをもうなよ
としわ十一二人いるぞや (12-148)

この人ハにんけんはじめかけたると
りうけいゝさいしゆごふどふぐや (12-149)

けふの日にどのよな事もゆうほどに
なにをゆうてもしよちしてくれ (12-150)

いまゝでも神のをもハくまゝあれど
ひがきたらんでしかゑいたるで (12-151)

だん/\ともふひがつまりきるからハ
どんな事でもゆうてをくぞや (12-152)

これまでハどこの人でもをなじ事
なにをゆうてもみなうたごふて  (12-153)

このたびハほんしんぢつであるからに
これそむいたらすぐにかやすで (12-154)

せかいにわあめをほしいとをもたとて
このもとなるをたれもしろまい (12-155)

このもとをしいかりゆうてかゝるから
どんな事でもしよちするなら (12-156)

六月廿八日五どきよりはなし

けふの日ハこのよはじめてないはなし
なにをゆうてもこれきいてくれ (12-157)

このよふわ神のせかいとゆいながら
どんな事でもしんわしらんで (12-158)

このしんをまことしんぢつしてみせる
これみたならばみなとくしんせ (12-159)

どのよふな事をするのもみな月日
なにをゆうのもみな月日やで (12-160)

このたびハこのよはじめてない事を
どんな事でもみなあらわすで (12-161)

月日にわたいないよりもこもりいて
どんなしごとをするやしれんで (12-162)

どのよふなゆめをみるのもみな月日
まことみるのもみな月日やで (12-163)

このよふの水のもとなる事をばな
まだこれまでわゆうた事なし (12-164)

このたびハほんしんぢつの水の事
どんなはなしをするやしれんで (12-165)

この元をたしかにゆうてかゝるから
せかいなみなる事でゆハれん (12-166)

けふからわどのよな事もゆいかける
なにをゆうてもしかときくなり (12-167)

にち/\に高山にてわだん/\と
どんな事をばたのみたつねる (12-168)

これさいかみゑきたならばどのよふな
事もあふなきさらにないぞや (12-169)

けふの日ハなにのはなしをするやらな
どんな事でもしよちしてくれ (12-170)

めへ/\の心みのうちどのよふな
事でもしかとみなあらわすで (12-171)

これみたらどんなものでもしんぢつに
むねのそふちがひとりてけるで (12-172)

このたびハどんな事でもすきやかに
あらわれだしてみなしてみせる (12-173)

たいないになにがあるやらどのよふな
ものでもしりたものわあるまい (12-174)

このはなし月日のし事これをみよ
心しだいになにをするやら (12-175)

けふの日ハなにもしらすにたれにても
せかいなみなる事であれども (12-176)

あすにちハどふゆうみちをみるやらな
しんの心があらわれてくる (12-177)

この心あらわれでたる事ならば
たれもそむきわさらにてけまい (12-178)

これみたらどんなものでもしんちつに
あたまかたけてみなしやんする (12-179)

さあしやんこの心さいしいかりと
さだめついたる事であるなら (12-180)

このはなし月日の心ばかりやで
にんけん心あるとをもうな (12-181)

この事をみな一れつハしんちつに
をもてたのめばどんな事でも (12-182)