おふでさき 第8号

第八号 七十八年老母 明治八年貮月

にち/\に月日さんねん山/\と
つもりてあるをはらしたいから (8-1)

このはなし月日をもわくだん/\と
なにかよろづのたすけなるのわ (8-2)

しんちつの心したいにとのよふな
つとめするのもみなたすけやで (8-3)

月日にハせかいぢうゝハみなわが子
たすけたいとの心ばかりで (8-4)

そのところさしとめられてさんねんな
まだそのゝちハとりはらいまで (8-5)

それゆへにたすけづとめがでけんから
月日の心なんとさんねん (8-6)

つとめでも月日たん/\てをふしゑ
にんけんなるの心でわない (8-7)

とのよふな事をするのもにんけんの
心あるとハさらにをもうな (8-8)

このところいかなはなしも月日なり
どんなもよふもみな月日やで (8-9)

いかなるのさハりついてもにんけんの
心わさらにあるとをもうな (8-10)

このよふをはじめだしたる月日なら
どんな事でもしらぬ事なし (8-11)

せかいぢう一れつなるのむねのうち
月日のほふゑみなうつるなり (8-12)

それしらすみなにんけんの心とて
わがみしやんをばかりをもふて (8-13)

このさきハみなだん/\としんぢつの
みちをふしゑる事であるから (8-14)

このよふのはじまりだしハ月日なり
なにかいさいをみなをしゑかけ (8-15)

それまでハたれかしりたるものハなし
なにか月日のしやんばかりで (8-16)

けふまでもなによの事も月日やと
ゆうてあれどもまだわからんで (8-17)

しかときけこのよはじめたしんちつと
ゆうてはなしハといてあれども (8-18)

せかいにハたれかしりたるものハなし
なにをゆうてもハかりがたない (8-19)

そのはづやこのよはじめてない事を
たん/\くどきばかりなるから (8-20)

このよふのはじまりだしのしんぢつを
しらしてをかん事にをいてわ (8-21)

いまゝてもたすけ一ぢよとまゝとけど
ほんしんぢつをしらぬ事から (8-22)

どのよふな事でも月日ゆう事や
これしんぢつとをもてきくなら (8-23)

どのよふな事もたん/\ゆてきかす
これをまことゝをもてきゝハけ (8-24)

このよふのほん元なるとゆうのハな
このところよりほかにあるまい (8-25)

このはなしどふゆう事にをもうかな
どふゆはなしもみなしたいから (8-26)

このよふをはじめだしたるしんぢつを
みな一れつハしよちせゑねば (8-27)

どのよふなたすけするにも人なみの
よふなる事ハゆうでないから (8-28)

いまゝてにみへたる事やある事わ
そんな事をハゆうでないそや (8-29)

これまてにない事ばかりゆてきかし
しんぢつよりのたすけするそや (8-30)

このたすけどふゆう事にをもうかな
ほふそせんよのまむりこしらゑ (8-31)

またたすけをひやぢうよふいつなりと
のばしなりともはやめなりとも (8-32)

こらほとのぢうよじさいをゆうのもな
よいなる事とさらにをもうな (8-33)

月日にハたいて心ハつくせとも
せかいぢううハまだせかいなみ (8-34)

このよふをはじめたしたるほんしんを
ゆうてきかさん事にをいてわ (8-35)

このところつとめばしよハにんけんを
はじめだしたるところなるそや (8-36)

にんけんをはじめたしたるこのをやハ
そんめゑでいるこれがまことや (8-37)

このはなしこれをまことにをもうもの
どこのものでもさらにあるまい (8-38)

このよふなない事ばかりゆうのハな
これがしんぢつみなまことやで (8-39)

いまゝでもないせかいをばはじめたハ
しらぬ事をばをしゑはじめて (8-40)

このたびもまたない事やしらぬ事
ばかりゆううてまたをしへかけ (8-41)

どのよふなものでもしらぬ事ばかり
これをふしへる月日をもわく (8-42)

月日にハたん/\しらぬ事ばかり
なにもをしへてせかいたすける (8-43)

こらほどにをもう月日のしんばいを
せかいのものハなにもしらずに (8-44)

心さい月日しんぢつうけとれば
どんなたすけもみなうけやうで (8-45)

とのよふなたすけとゆうもしんちつの
をやがいるから月日ゆうのや (8-46)

この月日もとなるぢばや元なるの
いんねんあるでちうよぢさいを (8-47)

このはなしなんでこのよにくどいなら
たすけ一ぢようけやうのもと (8-48)

このもとハとこをたづねてみたるとも
しりたるものハさらにあるまい (8-49)

そのはづや月日たいない入こんで
はなしするのハいまはじめやで (8-50)

このせかい一れつみゑる月日なら
とこの事でもしらぬ事なし (8-51)

月日よりみなそれ/\とみさだめて
善とあくとをみハけするぞや (8-52)

月日よりなんでこのよにくどいなら
あしきみへるがきのどくなから (8-53)

たん/\とをんかかさなりそのゆへハ
きゆばとみへるみちがあるから (8-54)

とのよふなものでも月日しんぢつを
うけとりたならみなたすけるで (8-55)

いまゝでハどんなはなしをしたるとも
なにもみゑたる事ハなけれど (8-56)

これまてもみなみへきたる事なれど
ほんもとなるをしらん事から (8-57)

かみなりもぢしんをふかぜ水つきも
これわ月日のざねんりいふく (8-58)

この事をいまゝでたれもしらんから
このたび月日さきゑしらする (8-59)

月日にハみな一れつハわが子なり
かハいゝばいをもていれとも (8-60)

一れつハみなめへ/\のむねのうち
ほこりいゝばいつもりあるから (8-61)

このほこりすきやかそふぢせん事に
月日いかほどをもふたるとて (8-62)

月日よりこわきあふなきみちすじを
あんぢていれどめへ/\しらすに (8-63)

とのよふなたかいところとゆうたとて
月日のたあにみなわがこやで (8-64)

それしらずをやのする事さしとめて
またとりはろてこれハいかゞぞ (8-65)

月日にハいまゝでどんな事やとて
あらわれでたる事わなけれど (8-66)

このたびハむねのうちよりすきやかに
はらさん事にあとのもよふを (8-67)

このあとハとのよなものも一れつに
たすけたいとのしゆだんはかりを (8-68)

このさきハたすけ一ぢよにかゝりたら
どのよなものもいさむばかりや (8-69)

なに事も月日一どふゆうた事
ちがいそふなる事わないぞや (8-70)

いまゝてもあくどいほともといてある
なれと心にわかりないから (8-71)

しかときけをなじにんけんなるよふに
をもているのハこれハちがうで (8-72)

どのよふな事をふしへてかゝるのももとなるをやてなくばいかんで (8-73)

いまゝてもなにをふしへてきたるのもみなこのどふりはじめかけたで (8-74)

にんけんをはじめたをやがも一にんどこにあるならたつねいてみよ (8-75)

このよふなしらぬ事をばだん/\とゆうていれどもこれがまことや (8-76)

にち/\にしらぬ事をやない事をこれをしへるが月日たのしみ (8-77)

このよふのにんけんはじめをやなるに天のあたゑハあるときけども (8-78)

このはなしなにの事やら一寸しれん月日ぢきもつやろとゆうのや (8-79)

このはなしどふゆう事であろをならかんろふたいにひらばちをのせ (8-80)

このさきハあゝちこゝちにみにさハり月日ていりをするとをもゑよ (8-81)

きたるならわがみさハりとひきやハせをなじ事ならはやくそふぢふ (8-82)

そふぢしたところをあるきたちとまりそのところよりかんろふだいを (8-83)

したるならそれよりつとめてをそろいはやくかゝれよ心いさむで (8-84)

こればかりどこたづねてもないほどにこれにいほんのしんのはしらや (8-85)

これさいかたしかみへきた事ならばとんなものでもをそるものなし (8-86)

なにゆうもしんぢつなるのしよこふがみゑん事にわあとのもよふを (8-87)

とのよふな高いところのものやとてぢうよしだいにはなしするなり (8-88)