おふでさき 第5号

第五号 七十七才老女 明治七年五月 

いまゝでハぎうばとゆうハまゝあれど
あとさきしれた事ハあるまい (5-1)

このたびハさきなる事を此よから
しらしてをくでみにさハりみよ (5-2)

このよふハいかほどハがみをもふても
神のりいふくこれハかなハん (5-3)

めへ/\にハがみしやんハいらんもの
神がそれ/\みわけするぞや (5-4)

一やしきをなじくらしているうちに
神もほとけもあるとをもへよ (5-5)

これをみていかなものでもとくしんせ
善とあくとをわけてみせるで (5-6)

このはなしみな一れつハしやんせよ
をなじ心わさらにあるまい (5-7)

をやこでもふう/\のなかもきよたいも
みなめへ/\に心ちがうで (5-8)

せかいぢうどこのものとハゆハんでな
心のほこりみにさハりつく (5-9)

みのうちのなやむ事をばしやんして
神にもたれる心しやんせ (5-10)

どのよふなむつかし事とゆうたとて
神のぢうよふはやくみせたい (5-11)

いまゝでハ神のぢうよふしんぢつを
しりたるものさらにないので (5-12)

これからハいかなむつかしやまいでも
心したいになをらんでなし (5-13)

しんぢつの心を神がうけとれば
いかなぢうよふしてみせるてな (5-14)

こらほどの神のしんぢつこのはなし
そばなるものハはやくさとれよ (5-15)

これさいかはやくさとりがついたなら
なにゝついてもみなこのどふり (5-16)

けふまでハなによの事もせかねとも
もふせきこむでをふくハんのみち (5-17)

このみちハせかいなみとハをもうなよ
これまつだいのこふきはぢまり (5-18)

このにんぢうとこにあるとハゆハんでな
みのうちさハりみなくるであろ (5-19)

このさハりてびきいけんもりいふくも
みなめへ/\にしやんしてみよ (5-20)

このはなしなんとをもふてきいている
かハいあまりてくどく事なり (5-21)

どのよふにいけんりいふくゆうたとて
これたすけんとさらにゆハんで (5-22)

にんけんのハがこのいけんをもてみよ
はらのたつのもかハいゆへから (5-23)

しやんして心さためてついてこい
すゑハたのもしみちがあるぞや (5-24)

いまゝでハ心ちがいわありたとて
ひがきたらんてみゆるしていた (5-25)

このたびハなんでもかでもむねのうち
そうちをするでみなしよちせよ (5-26)

むねのうちそふぢをするとゆうのもな
神のをもハくふかくあるから (5-27)

このそふぢすきやかしたてせん事に
むねのしんぢつわかりないから (5-28)

この心しんからわかりついたなら
このよはぢまりてをつけるなり (5-29)

ちかみちもよくもこふまんないよふに
たゞ一すぢのほんみちにでよ (5-30)

このみちについたるならばいつまても
これにいほんのこふきなるのや (5-31)

にほんにもこふきがでけた事ならば
なんでもからをまゝにするなり (5-32)

このよふをはぢめてからのしんぢつを
またいまゝでハゆうた事なし (5-33)

このはなしむつかし事であるけれど
ゆハずにいればたれもしらんで (5-34)

たん/\とどのよな事もゆてきかす
心しずめてしかときくなり (5-35)

いまゝでハいかなるほふとゆうたとて
もふこれからハほふハきかんで (5-36)

これまてハゑださきにてわほふなぞと
をしへてあれどさきをみていよ (5-37)

にほんにハいまゝでなにもしらいでも
これからさきのみちをたのしゆめ (5-38)

ほふやとてたれがするとハをもうなよ
このよ初た神のなす事 (5-39)

どのよふなむつかし事とゆうたとて
神がしんちつうけとりたなら (5-40)

いまゝでハからやにほんとゆうたれど
これからさきハにほんばかりや (5-41)

ゑださきハをふきにみへてあかんもの
かまへばをれるさきをみていよ (5-42)

もとなるハちいさいよふでねがえらい
とのよな事も元をしるなり (5-43)

ぢつやとてほふがへらいとをもうなよ
こゝろのまことこれがしんぢつ (5-44)

にんけんハあざないものであるからに
めづらし事をほふなぞとゆう (5-45)

いまゝでハ神があらハれでたるとて
まだしんぢつをしりたものなし (5-46)

このさきハどのよな事もしんじつを
をしへてをいた事であるなら (5-47)

それからハ神のはたらきなにもかも
ぢうよじざいをしてみせるでな (5-48)

しんぢつの神のはたらきしかけたら
せかい一れつ心すみきる (5-49)

はたらきもいかなる事とをもうかな
心うけとりしだいかやしを (5-50)

このかやしなにの事やとをもうかな
みちのりせんりへだてありても (5-51)

この事ハなにをゆうてもをもふても
うけとりしだいすぐにかやしを (5-52)

このかやしなんの事やとをもうなよ
せんあくともにみなかやすてな (5-53)

よき事をゆうてもあしきをもふても
そのまゝすくにかやす事なり (5-54)

この事をみへきたならば一れつわ
どんなものでもみなすみわたる (5-55)

けふの日ハなにがみへるやないけれど
八月をみよみなみへるでな (5-56)

みへるのもなにの事やらしれまいな
高い山からをふくハんのみち (5-57)

このみちをつけよふとてにしこしらへ
そばなるものハなにもしらすに (5-58)

このとこへよびにくるのもでゝくるも
神のをもハくあるからの事 (5-59)

その事をなにもしらすにそばなるハ
せかいなみなる事をふもをて (5-60)

なにゝてもせかいなみとハをもうなよ
なにかめつらしみちがあるぞや (5-61)

だん/\とこのよはぢめてひハたてど
たれかしんぢつしりたものなし (5-62)

いかほどに神の心わせゑたとて
みなの心ハまたうゝかりと (5-63)

はや/\としやんしてみてせきこめよ
ねへほるもよふなんでしてでん (5-64)

このよふのしんぢつねへのほりかたを
しりたるものハさらにないので (5-65)

このねへをしんぢつほりた事ならば
ま事たのもしみちになるのに (5-66)

このみちをほりきりとふりぬけたなら
上下ともに心いさむに (5-67)

これからハなんでもせかい一れつを
いさめるもよふばかりするそや (5-68)

だん/\となに事にてもにほんにハ
しらん事をわないとゆうよに (5-69) 

なにもかもせかいぢうゝへをしへたい
神のをもわくふかくあるのに (5-70)

それしらすせかいぢうゝハ一れつに
なんどあぶなきよふにをもふて (5-71)

とのよふな事でも神のゆう事や
なんのあぶなき事があるそや (5-72)

なにもかもよろずの事をだん/\と
ゆうていながらわかりたるなし (5-73)

これからハどふぞしんぢつむねのうち
はやくすまするもよふしてくれ (5-74)

せかいぢうをふくの人てあるからに
これすまするがむつかしい事 (5-75)

いかほどにむつかし事とゆうたとて
わが心よりしんちつをみよ (5-76)

この心すむしわかりた事ならば
そのまゝみゑる事であるなり (5-77)

にち/\に神のしんぢつはたらきを
しりたるものハさらにあるまい (5-78)

なにゝても神のぢうよとゆうものハ
めづらし事をしてみせるでな (5-79)

とのよふなめつらし事とゆうたとて
神のする事なす事はかり (5-80)

いままでハなによの事もしれなんだ
一寸みへかけたほそいみちすじ (5-81)

このみちをだん/\しといいくならば
なんてもむこにみへるほんみち (5-82)

これまでにとふりてきたるみちすぢハ
からもにほんもわかりないので (5-83)

このさきハなんぼからやとゆうたとて
にほんがまけるためしないそや (5-84)

このよふのもとはじまりのねをほらそ
ちからあるならほりきりてみよ (5-85)

このねへをほりきりさいかしたるなら
どのよなものもかなうものなし (5-86)

しかときけくちでゆうてもをもふても
どこでゆうてもをもふたるとて (5-87)

そのまゝにかやしとゆうハこの事や
神がしりぞくみなしよちせよ (5-88)